スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除雪機の電気系とバッテリーの復活

P1062064.jpg
去年春から放置の末、完全に干上がらせてしまった除雪機のバッテリー

P1062069.jpg
電圧も7V・・
春夏秋~自然放電で上げてしまったと思ってましたが、どうも変です。

IMG_3511.jpg
エンジンかけた状態でも7V前後しかありません。
イマサラですが、発電系がオカシイことに気が付きました。

P1062063.jpg
配線たどって、再度ヒューズを確認しました。
見たところ切れてないけど・・抜いてみると・・

P10620631245.jpg
ヒューズの真中部分は切れてなく、足が腐食w

IMG_3523.jpg
ヒューズボック内のメス側の端子も腐ってサビだらけ。
これじゃバッテリーに電気流れないワケだ><

P1062079.jpg
端子部分は酸で綺麗にして配線を新たに作りました。

P1062067.jpg
エンジンかけると・・14V!!
直った。


さらに、干上がらせたバッテリーの復活を試みました。


P1062070.jpg
7V前後の過放電バッテリーだと、最近の自動充電器では安全装置が働いて充電してくれません。

P1062074.jpg
そこで、年末に購入した単純な充電器 セルスターSS-3(シールドバッテリー不可)で強引に充電。
11V前後まで復活。

P1062077.jpg
急速充電(サルフェーション除去機能)に切り替えて高圧充電開始。

P1062081.jpg
12Vまで復活しました。
これならセル回る・・この冬くらいは何とか持ちそうです。
バッテリー高いですから・・

バイクいじってると
バッテリーを交換してもすぐ駄目になるときなど、まずレギュレクを疑ったりしますが・・
ヒューズボックス内の腐食で単に電気来てないという結果です。
大変勉強になりました。
あと、過放電して10ヶ月経過(~7Vに低下)のバッテリーも何とか復活なるものです。
もう長くはないですが・・。

これでセル始動も可能、除雪機のライトは明るく、シューターも激速で回ります^^



  

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。