スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道管修理5

http://satoyan250.blog137.fc2.com/blog-category-21.html
つづき

除菌器の塩素量がわからず、蛇口の塩素濃度測定する。

IMG_2788.jpg
安かったから熱帯魚用の買ってしまったよ。

IMG_2799.jpg
水入れて薬液2滴たらすと・・みるみる黄色に変化。

IMG_2802.jpg
色で判る・・・はずが、ぜんぜんわからないんだけど(汗
2.0くらいだろうかね?5.0にも・・
う~ん TANITAのデジタル買うんだったか・・な

除菌器の推奨値は0.2ppm以上0.4~0.7ppm以上
水道水質基準は、蛇口での残留塩素の濃度を0.1mg/L(0.1ppm)以上とだけ決められていて、
測定すると02~1.5とかあるらしいです。

いずれにしてもだいぶ濃いようです。
除菌器の供給目盛りを35→「14」にセットしました。
(次回は水19に塩素1で調合すること)

塩素が濃すぎると発がん性物質のトリハロメタンが生成されたり、アトピーの原因だったり~
かと言って少なければ細菌などもっと深刻な害がありますし・・(うちは除菌より除鉄メイン)
やってていろいろ勉強になります。


 
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。