スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰か教えてください・・。

本日バラしたフォークにオイル投入の予定でしたが・・。

IMG_1927.jpg
油面
青丸とライン部分
オセアニア仕様が125mm
ヨーロッパ仕様が130mm
それ以外が135mm

おいらのFがどこの国仕様か不明です・・
どこ見るとわかるんでしょうかね?フレームに打刻とかあるのかな?フレームナンバーで?
オイルレベルについては5mm前後の差を感じ取れる腕も感覚も無く、130・135~どっちでもいいかなと思ってます。
ただ今後のためにもFがどこの国仕様か知っておきたいものです。
誰か判別方法わかる方いらっしゃいましたら教えてさいませ m(_ _)m
お願い申し上げます。


赤丸部分
Rと違ってFは白い羽(スプリングガイド)装着してレベル見るようです。
必ず装着と書いてある・・



フォークオイル投入を延ばしたので、ちょっと工作しました。

IMG_1928.jpg
アルミ板と折れたバトミントンのラケット・・

IMG_1929.jpg
バトミントンの柄の部分が鉄パイプなのでグラインダーで丁寧に切削と整形。

IMG_1931.jpg
柄のパイプ部分の径に合わせて、アルミの端材に6.5ミリで穴あけ。

IMG_1932.jpg
サイドから3.3ミリで穴あけ。

IMG_1933.jpg
ポンチ打たなかったからセンタずれたよ。

IMG_1934.jpg
サイド穴にM4でタップ通す。

IMG_1935.jpg
パイプ通して、M4ビスで長さを固定。

IMG_1936.jpg
チューブと吸出し付けて、簡単油面調整機の完成。

IMG_1938.jpg
これは素晴らしい出来ですw


 
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。