スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烈風と維新とWRと風立ちぬ・・。

<烈風改>幻のゼロ戦後継機…設計図、群馬で発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000040-mai-soci

帝国海軍の戦闘機(堀越二郎氏の手がけた機体)
A5が96式艦戦 零戦がA6、烈風がA7、そう零戦の後継機だよね。

戦闘機は大好きで子供の頃から読み漁ってたぁ^^ 特にケイブンシャのオール百科。
96式や零戦といえば、坂井三郎の「大空のサムライ」も読み返したくなったよ。
あ、プラモも作りたくなったし・・><


しかし、戦後68年過ぎてこんな貴重な図面が発見されるなんて。
まだ眠ってるかもしれませんね。
WW2航空機ファンのおいらには堪りません><

300px-Mitsubishi_A7M2.jpg
wiki

改めてwiki読むと、日本って凄いと思うよ。
明治維新から70年で零戦飛ばしてる。
そして戦後70年の現在。
その技術や精神は今の時代にも脈々と受け継がれてる、日本人はもっと自信持たんといかんわ。
ほんとそう思う。

あと、個人的に思うのは・・
現在の日本に飛べる零戦が無いことの無念さ。
先の戦争を想起させるもの全て=「悪」と考える一部の人達も許せんね。


なぜか、WRのwikiも見ちゃったw

300px-YAMAHA_WR250R_20130321193307.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/WR250R

※国産トレール最高の31ps/10000rpmという高出力をたたき出している。

そうだよ、素晴らしいです。
トレールの2000馬力級エンジン、まさに「誉」いや信頼性はそれ以上。
燃料ポンプに難あり・・ちょっと違うかな?w

宮崎駿監督の「風立ちぬ」早く観たいものです!
飛行機描かせたら、この人以上の人いないですから。
http://kazetachinu.jp/





スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
当時の基礎工業力・粗悪な材料・低質な燃料でありながらあそこまでの性能を叩き出したワケだから
現代で零戦をもう一度作り直したとしたら・・・妄想が膨らみますw


>宮崎駿
「紅の豚」の飛行艇のエンジン始動のシーンとか見ると
この人ホントにマニアックだな、と思います。
「コンタクト!」とか飛行機マニアにしか理解できないしw
  • 2013-03-21│22:19 |
  • ジクリバー URL│
  • [edit]
40年代の戦闘機は最高ですね。
そこから続く宝物のような技術も最高ですね。
プリンス、IHI、三菱重工…
  • 2013-03-22│00:26 |
  • まんぐたん URL│
  • [edit]
No title
ジクリバーさん
そうなんだよね、堀越氏らの機体設計などは世界の最先端いってたけど・・。
基礎的な科学や工業、冶金などは途上国そのものだったもの、よくやったものだと思う。 戦後にアメリカ製の高品質オイルとハイオク燃料つかって飛ばしたら、段違いの性能を引き出したなんて記事もありましたよね。
>「紅の豚」
大好きな作品よ♪
観るまでは、おいら飛行艇といえば97式とか2式しか興味なかったww

まんぐたんさん
良い事言いますね、まさに宝物^^
戦争が科学の進歩を生むというけど、明治維新後からの日本もまさにそのとおりですよね。
戦後は自動車、バイク、造船、鉄鋼、電機~民需のみで発展。
日本の技術者魂ってのは凄いです。
今後は深海の資源掘削や環境、次世代エネルギー・・・
アベノミクスとともに大躍進を期待です♪

  • 2013-03-22│21:12 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
零戦とかいいですね、弟が今旅に出てまして、ニュージーランドでの博物館で零戦とスピットファイアー見たりして帰国、そのご小笠原諸島の父島に渡り戦争当時を物語る物がゴロゴロ残る山を探検してるそうです。世話になってる民宿のおやじさんは死ぬまでに山に残ってるはずの零戦を見つけたいそうです。今週末に弟、福島に帰る予定です。
  • 2013-03-27│23:35 |
  • さる URL│
  • [edit]
No title
さるさん
お久しぶりです^^
しかし弟さんスケールでかいなぁ~
おいら京都に行った時に零戦の展示機があるってんで探したんだけど見つからず。
「嵐山美術館」ですが、閉鎖されてました。
http://www.youtube.com/watch?v=Qm5wcNH-4Rw
貴重な展示物はバラバラだそうです。
これが日本人です(泣
  • 2013-03-28│17:48 |
  • さとやん URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。