スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど!こうやるのか・・

車屋さんに行ったとき大変興味深い作業を見つけ、記録させていただきました。

錆びて穴の開いた燃料タンクを補修してる様子。

「鉄タンクの上に銅板置いて半田をバーナーで溶かして溶着」

なるほどね~こうやればいいのかと思わず感心して見とれてました。

しかし、鉄を銅と半田接合なんて可能なんですね。

半田とフラックスは専用のものなんでしょうか。

・・特にやりたいのはアルミですが、素人には不可能かな。

自宅ガレージ作業でもできるし、おいらもいつか挑戦してみます。


http://youtu.be/r1tRAQORn24

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

レースやってる時は、何個もタンクを潰したよ。
その度、さひさびのタンクを復活させてました。

結果、サンポールでサビを取ったら、乾かしてFRPコーティング。これが最高でした。
安く、早く、技術は不要で、転倒しても大丈夫。
私はさらに、タンクをサンダーで切って、
必要な分だけ入るタンクを作ってました。
  • 2012-09-15│01:16 |
  • かすにん URL│
  • [edit]
No title
かすにんさん
FRPかぁ、さすが。
この手の修復技術は覚えておいて損はないですね。
動画のハンダ作業は70くらいの爺ちゃんがやってたけど、いかにも職人って感じだったわ。
しかし、バイクのタンクに応用は難しいね。
出来がカッコ悪いものww

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。