スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聯合艦隊司令長官 山本五十六

聯合艦隊司令長官 山本五十六 観ました。



地元長岡の誇る英雄です。
劇場で観たかったのですが、ついついレンタルとなってしまいました。

さて、感想ですが。
三国同盟など、あの時代の世論とメディアがいかに戦争に傾いていたか、そして陸軍とその狭間で苦悩する山本五十六。
先の戦争は軍部の暴走にあり、一番の被害者は「国民」という単純な考えも吹き飛びます。
外交は国益を追求するもの、その一歩一歩を誤り、引くに引けない状況に追い込まれ、ついに思考停止する日本。
戦争の悲惨さ、命の重み、ヒロイズム、お涙頂戴~~など、安っぽくなるものは避け、あの時代をほぼ正確に描いているとも思います。
とてもよかったです。

CGも悪くない出来で、真珠湾奇襲の描写以外はなかなかリアル!
長門も大和も美しかったし、ミッドウェー沖で次々と火柱を上げる空母には思わず・・・><
考証も素晴らしく、ラバウルに集結する航空機も艦載機まで寄せ集めたとこなどハッとしました。
山口多聞(阿部ちゃん)は、かっこよすぎかもしれません^^

なかなかいい映画でした♪
(特に中国や韓国の人に観てもらいたい映画ですが、上映禁止だろうかね)

あと、
宮崎駿の次回作??
http://hayao-ghibli.seesaa.net/
零戦を設計した堀越二郎の若き日を描いた作品。
もしホントなら期待してしまいます♪
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。