スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の林道恐怖体験でも・・

山道での恐怖体験
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4171313.html
3e15f2e5.jpg

おいらの場合。
10数年くらい前だけど・・深夜1~2時にナイトランと称して林道に出かけてました。
単純に家から近いのと、眠れなくてちょこっと走りにって感じだったけど・・
↑記事にもあるけど、
深夜の山奥深くの林道脇に停まってる「車」、あと、おいらも白装束の「人」も見たことあります。
とても不気味です><

あと、一番恐怖だったのはソロで野宿ツーしてたとき。
元々すごい雰囲気悪いとこだったんだけど、トイレと水があるのが便利で野宿を決めた「場所」あったのですが。
トイレ行ったり水を汲みにくと何とも嫌な感じ。
テント張って寝てる時もトイレの方が気になって仕方ない。
そのまま朝を迎え、片付けしてたら~ 散歩中の地元の人がやってきて・・

「ここで野宿したの?」
「はい・・」
「・・・そう」
「え、まずかったですかね?」
「・・そのトイレで死体見つかったんだよ、2週間前に」
「・・・」

中部地方の某所ですが、あれは忘れられない。

いまじゃ夜一人で林道なんて行く勇気ありません。


7/6追記

皆さんのコメントが・・怖いです。
やっぱ、もっとも怖いのは霊とかじゃなくて生身の人間です。
夜の林道でもっとも遭遇したくない・・動画です↓



いわゆる「丑の刻参り」
おいらが林道で見た「白装束」はこういうのじゃなくて、もっと宗教っぽい服で複数人いました。

昔は神社や無人駅で野宿したものですが・・ダメですね。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
 ヤッパ食いつくのはオラか。

 オラは飲んだもん、食ったもん全部吐き出して山から深夜の高速道に逃げ出したよ。

 人命が関わった物に悪さしちゃいけませんね。

 ひでー苦しかったよ

  • 2012-07-04│22:21 |
  • mちん URL│
  • [edit]
No title
え、何の悪さしたの?
教えて~
おいらバイクでお地蔵さん轢き倒したこと有る・・
すぐにバイク降りて立てたけど、一部欠けてしまってて・・><
持ってたジューズ供えて合掌して立ち去りました。
タタリはなかった。
  • 2012-07-05│18:39 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
No title
私も怖い話を。

いろは坂で走っていたら、
登り斜線を軽トラックが道を塞ぐ形で停車していました。
そのすこし手前にピンク色っぽいラメが入っているシルビアも
停車していて、二台はライトがついているようでした。

私の車が速度を落としながら、ハイビームで照らすと
二台の車の先で、銀色の棒を持った数人の人が立っていて
その中心にいる2人の男を叩きまくっていました。

ハイビームに気づいた一人が、
シルビアのボンネットを乗り越えてこちらに来たので
私は、その場でターンしていろは坂を降りました。




助手席の友人と二人、テンパッてました。
大通りを過ぎてもドキドキしていました。
本当に怖かったです。


これは、怨霊の仕業ででしょうか。
  • 2012-07-05│22:22 |
  • かすにん URL
  • [edit]
お久ぶりに
完全に忘れ去られた存在ですが・・・、今年まだ1回100Kmしか乗ってない。

その昔、岩手の国道から少しダートを入った広場に1台の車が。
何気なく覗くと車内は真っ黒、しかも花束が置いてある。
いや~直ぐに退散しました。

今は、リアルな話ですが、たくさんの方々が亡くなった地です。
電気が回復していない時期懐中電灯たよりに真っ暗な中一人帰るのも少しは考えた。中には一人じゃ帰らんと喚いていたのもいたけど。

関東大震災や空襲を考えたら東京の方がと言ってる人間もいましたけどね。
  • 2012-07-05│23:00 |
  • Good・Yearのmasa URL│
  • [edit]
No title
この話した事あったっけ?

数年前の事、馴染みの乗合遊漁船でタチウオの夜釣りに行った時の事。
離岸してすぐ、反対側の舷の客が騒いでる。
船を引き換えすと、そこにはグッタリとした人がうつ伏せで浮いていました。

船長がすぐに警察に連絡すると、死体を岸まで引いてきてくれ、と。
そこで、マグロなどの大物を引き上げるのに使うギャフ(フック)を死体に引っ掛け、
ゆっくりと岸まで引っ張って行きました。

その後パトカー・消防車・救急車など10数台がやってきて港は騒然となり、
テレビでよく見るみたいにブルーシートを張って死体の回収、警察の事情聴取も受けました。

そんな中、船長の一言。「いやあ、ジクリバーさん、12時までには出たいネェ」
おいおい、この状況でまだ釣りに行くんかい!

ハイ、きっちり行きましたよ。釣り。
みんな沈黙でしたよ。
しかも誰も釣れませんでしたよ。
海面を見ると先程の情景が目に浮かんで・・・

次の日の新聞に小さくこの件が載っていましたが
結局どこの誰でなぜ浮いていたのかはわからず仕舞です。
  • 2012-07-06│00:04 |
  • ジクリバー URL│
  • [edit]
No title
みんな恐ろしい体験あるねぇ><

かすにんさん
それって別の意味で恐怖だ!
鉄パイプで殴る集団に遭遇!?
怖いです、とても怖いです。

masaさん
震災で大変でしたね、もう元の生活取り戻してますか。
あらためてお見舞い申しあげます。
ところで、車内に花束ですか・・
見たくありません><

ジクさん
水死体をギャフで引っ掛けて港まで曳航ですか?
確かに船上に引き上げるわけに行かないし・・。
でも、ギャフですか!?
船長さんの一言にも呆然だけど、長年船乗ってればこんなことけっこうあるんでしょうね。

海も山も怖い(*_*)

  • 2012-07-06│17:45 |
  • さとやん URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。