スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WR250R 内圧コントロールバルブ装着 作業開始

WRに内圧コントロールバルブ・・

KTM純正バルブを購入してから半年くらい経つでしょうか、いまだ装着してません。

IMG_0461_R1245.jpg

「え~ さとやんまだ付けてなかったの?」よく言われます。
これから装着作業なのですが、その前に「内圧コントロールバルブ」って何なの?

メーカーのHP見たほうが分かりやすいですよね。
NAG詳細→こちら

要はバルブでクランク内を減圧維持してやれば、ピストンのポンピングロスが減って幸せになれるという具合です。

エンジンはストレス無く回るけど、エンジンブレーキが効きにくくなるというデメリット(メリット)もあります。
参考→こちら


どうあれ、試してみないとわからんですね^^

作業前に、さるさんからいろいろ教えてもらいました。
バルブは垂直がベター、エンジン側とエアクリ側の口が異径、ホースは以前取り外したAISのが流用可能。
そして、とても効果あると♪
ありがとうね、さるさん( ´ー`)

作業開始してみました。

IMGP2036_R.jpg
まずはタンク外さないと・・って、、すんげ~キタネw

洗浄前にブリーザーパイプの位置を確認してみた。


IMGP20311227_R.jpg
エンジン側 なんと狭いスペースに・・すぐ横にフレームあるよ。
ブリーザーは曲げ加工されて収まってます。

IMGP201239_R.jpg
エアクリ側 こっちはどうにでもなりそうです。
口部分が首振りするし樹脂製。

IMGP2040_R.jpg
エア吹いてパーツクリーナーでちょっと洗浄して~

IMGP2041_R.jpg
ブリーザーホースはずしてみたよ。

IMGP2045_R.jpg
あらま、さるさんの言うとおり~径が違うw
ラジエターホースと同じで片側のみ径拡大加工されてます。

忘れてましたが、そもそも何でブリーザホース外すの?
IMGP2039251421_R.jpg
カットして挿入するだけじゃん・・。
NAGなど、車種別(ホース径別)に作られてるバルブならポン付けです。
でも、NAGなど~とても高性能で高品質の反面・・ちょっと高価なのです。


NAG racing service  /クランクケース内圧コントローラー

NAG racing service /クランクケース内圧コントローラー FTR223


KTMのだと・・ヤフオク検索
安いです。

面倒が嫌な方はNAGを買い、そうでない方はKTM・・いや、これ以外にももっと安いワンウェイバルブあります。
その構造を考えると、数百円程度のコストのモノです、個人的には3000円でも高いと思います。


おいらは安さと信頼性と多くの実例でKTM選択です。

IMGP2051_R.jpg
でもKTMバルブ・・14.5mm、太いのです、、ホースを何とかせんといかんのです。

ちなみに

IMGP20121448_R.jpg
エンジン側 9.5

IMGP2048_R.jpg
エアクリ側 12.5

IMGP2046_R.jpg
流用可能なAISのホース
KTMバルブOK
エアクリの口OK
エンジンの口NG

口に何か被せるか、純正ブリーザーホースに異型ジョイントで継ぐか、思案中です。
続きの作業は週末に♪


つづく


4/7 追記

IMGP20531245_R.jpg
ホースとバルブじっくり見てたら、カットや加工、他ホース購入せずに付きそうです。

wr250rimage412214.jpg
AISのホース④がそのまま使えます。

早速装着してみます。

IMGP2057_R.jpg
準備はOK

IMGP2058_R.jpg
エアクリ側、装着完了。

IMGP2059_R.jpg
ホース延長とバルブの分の長さが伸びてるので、途中で折れないようにくるんとおさめてエンジン側に~

IMG_0466_R.jpg
どうよ?きれいに収まってるっしょ^^

さるさんの話だと、なるべくエンジン側に取り付けが望ましいです。
メンテと手間を考えると、やはりこの位置になりそう。
作業時間は20分ほど。
WR乗りでAIS外してるなら、無加工かつ出費ゼロで装着可能^^
純正の加工(破損)無しだから、いつでもすぐ元に戻せるってこと。
(これ重要ですね)

さぁ、走って効果を確かめるぞ~と思ってたんですけど・・・

IMG_0469_R.jpg
なんだよ・・この雪

仕方ないのでエンジンかけてレーシングしてみる。

「ばおおおおお~ん」

あ・・
いきなり効果実感したんだけど(爆

これは・・・・乗りて~~~~~~><


4/8追記

午前中にFフォークのオイル交換して少し走って来ました。

IMG_0473_R.jpg

ほんの少し走っただけですが、これはいいです。
エンジンブレーキがどの程度効かなくなるのかが一番興味あったのですが、半減という感じです。
雪道で減速時に無造作にソフトダウンしてもリアタイヤがザーっと流れることが無いです。
これは乗りやすくなった感じします。

吹け上がりもいい感じ。
もっと早くやればよかったかなぁw

今月21日の長野ツーでさらに詳細確認して再度レポします。

あ、
IMGP2107_R.jpg
バルブの方向を間違えると大変ですよ。
ご注意ください。

実装テスト
http://satoyan250.blog137.fc2.com/blog-entry-513.html
つづく
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
さっそくですね~つたない説明ですみません。自分は最初エンジン側近くにバルブ本体を付けたくホースの径もよく見ないでホース切りまくりました、そのまま純正ホース、カットしてつけれればベストですね、結局、本体はサイドカバー外してメンテでき る位置につけました。たまにメンテしたほうがいいらしいです。詰まりをおこすとまずいらしいですね。装着後エンブレが半分ぐらいになった感じです。とても乗りやすくなりました、装着したらぜひインプレおねがいします。現代の車やロードバイクの一部には標準で付いてるらしいですね。友達は100系ハイエースに付けて激変したらしいです。
  • 2012-04-05│20:08 |
  • さる URL│
  • [edit]
No title
昨晩は酔っぱらって寝てしまいましたw
さるさん、今朝机の前でホース広げて考えてましたが~
カットなしで装着できる感じ。
(画像)
朝から装着してみます^^
でも、、、外見たら大雪だよ・・・なんで?桜の季節に><乗れないじゃん。
トホホ・・・
  • 2012-04-07│05:56 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
さとやんさんはじめまして♪

内圧コントロールバルブはKTMの純正品がコストパフォーマンス抜群なわけですが、JOGやGアクなどスクーターに付いてるAIS本体(ダイヤフラム無し)が内圧コントロールバルブに流用できます。

エンジンブレーキの効き具合もガイドの開き具合で調節可能で抜いたり詰まらせたりと色々できるわけですが(抜けば軽く回り、詰まらせればトルクが出る←やり過ぎるとケース割れちゃうかも…w)、構造は金属リードバルブで作動でワンウェイさせるものなので信頼性は高いと思います(某内圧コントロールバルブもリードバルブ構造)

何より安いです!!

車種問わずAIS外す人にとっては使い道の無いゴミ同然のようなものなのでヤフオクで500円でした。
WRのAISもダイヤフラムのメクラなど小加工で流用できそぅ
WRのはリードバルブ2枚構造なのでビックバイクにも使えると思います。


内圧コントロールバルブ
吹けが良くなりエンジンが軽く回るし
抵抗が減って燃費が良くなるかと思いきや…
気持ちよく回り回し過ぎて燃費悪化ブフォww


ではでは♪
  • 2012-04-09│22:17 |
  • 孤登 URL│
  • [edit]
No title
どもどもお久しぶりです。
僕もつけてはいるんですが、久しぶりに乗った上に元々を忘れてしまっていたのであまり効果を実感できませんでした(笑)
まあ、よくなってるんだろう!って思いの元に使っています。

  • 2012-04-10│17:03 |
  • ファシオン URL│
  • [edit]
No title
孤登 さん
はじめまして^^
ジョグなどのAISが可変バルブに・・・
全然知りませんでしたよ、教えてくれてありがとう!
なるほどね~AISが内圧コントールになるのかぁ。
ところで、
詰まらせてトルクUPってことは、開ければスカスカってことですよね?
1速低回転は重視なので、少し不安w
KTMバルブはどの程度なんだろう・・
ちょい乗りした感じでは充分なエンブレを確認できたので、安心してるんですが。
>燃費悪化
わかりますw
おいらも間違いなくそうなるわ^^
再来週の長野ツーで詳細検証してみます、またアドバイスなど頂けると幸いです。
ありがとね(´▽`)アリガト!

ファシオンさん
おひさしぶり( ´ー`)
実は、おいらも春になって初走りに近い状態で装着で~
「うおおおおおっ」という感動が無かったですw
でも、変化は明らかでした。
ファシオンさん、宜しければメールアドレス教えて下さいな。
(非公開コメントにでも)
折り返しメール致します。
  • 2012-04-10│17:36 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
詰まらせてトルクUPするのは、ピストン降下によってクランクケースが加圧されますよね
そのクランクケースに加圧された圧縮空気が大きな抵抗なわけですが、圧縮され高まったクランクケースの内圧はピストンの再上昇を手助けしてると思われます。
詰まらせればそれだけ内圧が上がり手助けする力が増すってことでトルクUPと言うことですね。

減圧して低速が細るのかと言われれば、クランクケース内圧を大気解放(抵抗無し)すれば厳密には細ると思われます
しかしブローバイ還元装置のしくみだとクランクケース内圧はエアクリーナーボックスに繋がれてます
これはブローバイを新気と一緒に燃やして排気を綺麗にしようってことなんですが、エアクリーナーに繋がれてるってことは吸気による負圧でクランクケース内圧が減圧されてるわけですね。

純正は低速を殺さず(AISの通過抵抗により弱詰まりを作り出し)
高速の抵抗を減らして(吸気の負圧で減圧化)いたわけです。
相反する2つを実現させてしまうんですからメーカーは素晴らしい(美味しいとこ取り定食ww)

KTMバルブはPCVバルブのように
減圧だけでなく下がった内圧の
何割かを逆流させ圧力を常に適正化してると思われます

充分なエンブレを確認できたとのことですので
減圧され過ぎず良い感じのように思います
トルクが減少するクランクケース内圧は
大気圧より低いのでエンブレが
弱くなったではなく
効かないと感じるはずです


CO値測定タコメーターで
内圧コントロールバルブの効果を視覚化できると思うのですが、我ながらコメントでどんだけ話してるんだって思うので自重して次の機会に


ではでは♪
  • 2012-04-10│21:57 |
  • 孤登 URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012-04-11│14:20 |
  • [edit]
No title
孤登さん
>内圧はピストンの再上昇を手助けして~
なるほど、そういうことかぁ
メーカーが元々装着しない理由もあるわけだし。
あと、ホース変更(内径)で、流量を変えてみるのも効果ありますよね。

元々LANZAからの乗り換えで2st感覚も欲してて、ちょっと乗った感じでは良い感じになる気がしてます。
若干トルクの細りがあっても、スムースな回転でメリットの方が大きい感じ。
とにかく走りこんで実際確認してみないとだめですね。
フラットで馬鹿開け、アタックでトコトコ、いろいろ試してみます。

お陰で、とても勉強になります。
いつも何もわからんまま直感でやってみて~そのあと考えて理屈付けしていくんだけど。
事前に知識与えて頂けたので想定範囲が広がります。
バルブの脱着は1分で可能なので、その違いのフィーリングも後に記したいと思います。
(´▽`)アリガト!
  • 2012-04-11│18:31 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
No title
こんばんは♪

メーカーが元々装着しないのはコストダウンの観点からじゃないかと思います。
一部のプレミアムなスーパースポーツには内圧をコントロールする機構が純正で標準装備されてますよ。


>あと、ホース変更(内径)で、流量を変えてみる~
いいとこに目を付けましたね!!
それは効くと思います。内径を絞ればストロークに対して少し詰まった内圧を時間差で抜けるようにできそうですね。イメージに例えるとピストンの再上昇を助けながら抜けていくのが理想的だけど…ワクワクしますねぇ☆


私もLANZAからWRに乗り換えたので一緒ですね!
2st感覚にする方法でSTMのスリッパークラッチがありますがとても高いのです(泣)
内圧コントロールバルブですが
WRではデメリットよりメリットの方が大きいと思います。ビックボア+ショートストロークと高回転型のエンジン特性はクランクケースの加圧は低めなのですが、低いとは言え高回転での抵抗は大きいのでレスポンスや伸びが良くなりさとやんさんが言われてるようにスムーズになりますね。


前に言ってたバルブの話ですが
バルブの脱着は1分で可能とのことなので好都合です。
CO値タコメーターで標準の回転数を覚えておいてバルブを付けた後で同じく回転数を見てください。
バルブを付けた後の方が回転数がわずかに高くなってるはずです。
同じ力でも抵抗が減って良く回るって考え方で視覚化できると思います。←簡単すぎるww
ですがさすがにフィーリングは乗ってみないことにはわからないので、さとやんさんのインプレ楽しみにしてます。
いつも楽しく見させていただいてますよぉ~↑


ではでは♪
  • 2012-04-11│21:28 |
  • 孤登 URL│
  • [edit]
No title
孤登さん
日曜にも確認できそうです(´▽`)
いろいろチェックしてみるよ♪
  • 2012-04-13│19:16 |
  • さとやん URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。