スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国高速鉄道

時間の問題と思ってたけど、こんなに早く起こるとは・・

http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_int&p=cta723-jlp11151946

多数の死者も出て、こんなこと書きたくないけど・・
日本やヨーロッパから技術供与を受けて作られた「中国高速鉄道」
自信を持ったんでしょうが、いまじゃ我が国独自の技術と言い張り、コピー新幹線を海外に売り込む中国。
最近の報道でもこんな国に嫌悪感持つ人多かったはず。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0708&f=business_0708_075.shtml

技術供与を受けながら必死に模倣してコピーまがいのモノを作り、少しずつオリジナルに昇華させる、
日本を含め成長途上の国はどこも同じだと思うけど、、
中国に完全に欠けてるのは真似する相手へのリスペクトが全くないこと。
平気でコピーして、オリジナルだと開き直る。

鉄道がらみで、つい最近だと「高鉄侠」と「超特急ヒカリアン」の酷似

http://otanews.livedoor.biz/archives/51805695.html

もの作りって、とんでもない数の失敗を重ね~汗と涙の結晶として出来上がるもの。

モノづくりの職人の世界は、先輩ってのは神に近い存在。
先輩は決して簡単に教えてくれない~
新人はそれを見て盗んで覚えるような古臭いとこ残ってます。
弊害も多いけど、よく出来てるシステムで~苦労して覚えたことは血と肉になり、
一人前の職人(技術者)に育っていく。
そして、後輩は先輩への敬意を忘れない。
真似したものは真似したと言える謙虚さがそこにある。

先人の知恵や創造の驚きや技術習得の苦しみも無く、金だけで得た技術に謙虚さなんて生まれない。

高速鉄道の車両だけじゃなく、47年間死亡事故はゼロ、分刻みで出入りする新幹線の運行システムを創り上げた日本。
そのノウハウや技術の吸収は、いまの驕り高ぶった中国なんかには無理。
今回の事故に限らず、今後もトラブル続出だと思うよ。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
もう起きましたか。
結局ヤツらがマネできるのは形だけ。クオリティまでマネする努力などしないのですよね。

中国圏に旅行に行って思ったのが、中国人は自分本位の塊ということでした。
日本人の伝統にあるような相手への思いやりはまったく感じられず。

例えばガイドブックにも載っている有名なレストランで食事したとき、
会計でレジの店員は肩肘着いて電話しながら対応してきました。
金さえもらえれば、また次も来るかどうかわからない観光客などどうでもいいワケですね。そういうヤツらですよ。

某ブランドショップで妻が店員とバッグを選んでいるときも
別の客が妻が選んでいる物を横から奪ってちょっと品定めしてから投げ返してきました。
そういう、我々の常識では測れないヤツらですよ。

今回の事故でも被害者にしっかりした補償がされるかどうか怪しいもんですわ。
落雷のせいだから会社の責任では無いとか言い出しそう。所詮他人事だっつってね。
  • 2011-07-24│21:11 |
  • ジクリバー URL│
  • [edit]
No title
ジクリバーさん
最近の報道見てると、どんどん反中に傾いていきますw
尖閣事件以前からありましたが、最近は特に反中プロパガンダかと思うほどにネットもマスコミも反中一色・・ww


結局のところ「民度」なのでしょうかね。
日本人は常に世間や他人のこと、周囲に迷惑や嫌な思いさせないことを考えるけど、海外からみればとても不思議。
震災で被災した日本人の対応が各国でも賞賛されてたけど、日本人なら当然そうするだろうって思うことが特別な事みたいで・・。

多民族国家で13億の人口とそれをまとめる中国共産党は、無理を承知で突き進むしかないのだろうけど、
周辺の国々にとってこれほどの脅威は無いですよね。
中国は確実に力をつけていくのは間違いないわけで、日本がこの国と対等に付き合っていける政治や外交力を持つことを願ってやみません。

ちなみに~
おいらが韓国に行ったときは、とても親切にしてもらいました。
どうも、日本人とは思われてなかったようで・・
東南アジアの人だとwwww
  • 2011-07-25│19:05 |
  • さとやん URL│
  • [edit]
No title
埋めちゃったよ・・

あの国にはもう歴史伝統文化はなくなったのかね・・・

  • 2011-07-25│21:45 |
  • mちん URL│
  • [edit]
No title
あの国は破壊の歴史、驚くほどに歴史的遺産は残ってないです。
んで、埋めたけど・・・うるさいので掘り起こしたそうなw
  • 2011-07-26│19:30 |
  • さとやん URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。