スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手首~

IMG_2103.jpg
本日包帯取れました、なんか色が変わってるw
手首がっちり固定してすっごい楽になりました。
痛みも半減で、ちゃんと治ってきてる実感あります^^

IMG_2104.jpg
右手は新しいサポーター買ってみました。
手の甲から手首までアルミ板入りで強固に固定できるタイプ。
これまで以上に自由度が失われますが、大変いいです。
症状が改善してきたらアルミ板抜いてみるつもり。


  

腱鞘炎やじん帯損傷など慢性的な手首痛にはかなりオススメです。
悪化させる前に装着するべきだったと・・ちょっと後悔してます。


これで指が自由に動くようになりました。
キーボードやスマホの操作も苦痛なくなりました^^
バイクは・・・もう少し我慢しますw
スポンサーサイト

事故のその後3(ガビーン・・

仕事中ずっと代車をどうしようか考えてました。 修理中はレンタカーを借りられるもの♪

10102013_200708g.jpg
ハイエースもいいなぁ~ 
NISSAN_NV200_VANETTE_16S.jpg
いや、ここは次期トランポ候補の日産NV200もアリだろ。

商用箱バンの代車だから、どちらもOKっしょ♪
週末のクワトロツーはバイク積んで余裕のクルージングだぁ~ヽ(=´▽`=)ノ ワーイ

激しくルンルン妄想♪

早く保険会社に提携先レンタカー屋聞いて、取扱車種を確認せねば!

~急ぎ帰宅。



ありゃ、家の前に白いパッソが・・保険屋さんが来てるのかな?

IMG_1318.jpg

玄関開けると母親が・・

「保険屋さんにレンタカー頼んだら、さっき来たよ」

「えっ・・? ・・あの白いのがそうなの?」

「軽は無いって言うから、4WDで小さいのって言ったら、すぐ手配してくれたよ。」

「・・・・・・」

「ちょっと買い物行ってきたけど、乗りやすくて前のよりいいね~」

「・・・・・・おふくろ、自分で電話したの?」

「無いと不便だからね、(母ドヤ顔)( ´ー`)ウフ 」 


ガ━━(゚д゚;)━━ン!!


すべて終わった・・・。

ハイゼット、元々母親の車でした。

事故のその後2(ファイナル)

ご報告いたします。

事故の過失割合で保険会社と全面的に争った結果ですが・・・


photo17578611121.jpg

となりました。

今回の事故では「全ての責任は相手方にあり、補償費用の全額を当社で支払います」と連絡あり。

過失割合0:10となりました。

これまでの道のりは苦難と忍耐の連続でした、長かった・・・。(一日だけど)
皆さんの応援のお陰です、あらためてありがとう m(__)m


事故は誰にでも起きますので、参考までに経緯を書いておきますね。

互いに動いていた事故で、0:10は難しい、今回は1:9で早期(スムーズ)解決の話もあったのですが、
どうしても納得いきませんでした
交差点でもなく普通に前方を注視し直線路を法定速度以下で走っていて、突然に現れた無理な右折車両との衝突だもん。
センターラインオーバーの対向車と正面衝突と同じじゃん・・。
どういう運転してれば避けられたのか、全く考えつきません。

そして、事故の時の行動なのですが、直後にドアを開け叫んだ一言が~

「おい!何やってんだ!バカッ」

「すいませんっ!!!」

こちらも興奮して出た言葉だったんですが、今考えてみると、これで全ては決まった気がします。
事故の衝撃から冷静になり、自身に全く落ち度がない事を確信したから・・。

以降は、こちらがイニシアチブをとり、警察への連絡も相手にさせ。
翌日、事故直後に相手が話していた~

「考え事をしてて前を見てなかった」

「こちらの存在に全く気が付かないまま右折した」

「ウインカーを出さなかった」

「全ての責任は自分にあります」


以上の内容のほか現場の地図・日時などを念書にまとめ、事故現場で再度落ち合い、サインを貰いました。

その後の保険会社との交渉で、この時交わした「全面的にその事実と非を認めた念書」が決定的だったと思います。

これは、以前に友達がタクシーに突っ込んだ事故に居合わせたときがあったのですが、
タクシーの運転手がすぐに念書を書きサインを求めたのを覚えてて・・。

時間が経てば全然違うことを言い出す可能性があります・・いやきっとそうなるよ。
念書にサインするという行為・・相手の動揺と疑心暗鬼の気持ちに覚悟を決めさせる決定的な一撃。
あらためて思いました。


ちなみに事故状況の公的な第三者となってくれると期待したい警察の現場確認(検証)など全くあてになりません。
この日も事故が物損のため、起きたという確認だけで、速度超過やその時の状況、薬物やアルコールの確認などの質疑も一切なく。
ただ「あっちから走ってきて、こっちからぶつかった」という事故の記録しかとりません。

となると、事故の状況や正確な事実を証明するのは当事者同士か目撃者の証言しかなく、
一方が異なる事を主張し出すと非常に不愉快な事態となります。
それを、もっとも利害関係のある保険会社が裁定して、この手の案件を数限りなく手がけた交渉のプロから優しく冷静に電話が来ます。


ただ、
少しでも自分に過失があると考える事故なら、互いの保険会社に任せてしまうのが賢いです。
過失割合なんてどうでもよいことです。
何よりこんなことに使う時間はもったいないです。


一件落着です。
あ~ 気分いい・・・・・わけない!!
ハイゼットが「事故修理歴あり」じゃん><

レンタカー借りなきゃε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘

事故のその後 1

本日おいらの入ってる保険会社から連絡が来ました。

「さとやんさんが過失割合1:9で自身の過失を認められる場合に限り、当方で相手方の保険会社と代理で交渉することができます。解決も早いですが、いかが致しましょうか?」

状況を説明して、

「こちらに過失があった事故だとは到底思えません、0:10を希望しますので、おいらが相手方の保険会社と直接交渉致させてください。」

一時間後、相手方の保険会社から連絡来ました。

状況とおいらの考えを伝え、担当者のメルアドに当日の画像、作成した念書をメール添付して送りました。

改めて連絡が来て~

「ありがとうございます。事故の状況詳しくわかりました、相手方に確認をとり再度ご連絡いたします。」


明日に持ち越し・・となりました。


なるほどね~、わずかな物損事故ですもの、少しでもこちらが過失を認めれば保険会社間で双方手打ちとなるわけです。

たとえ認めても、こちらの保険等級から考えて何の損失もないのですが~

この一件は大変勉強になります、しばらく交渉してみるつもり。


あと、車対車で双方動いていた場合でも0:10を認められるケースも多々有るということも確認しました。

対向車のセンターラインオーバーなどで、こちらが前方不注意など無い場合。

今回は正にこれで、おいらの直前で相手はウインカーなしでセンターラインを斜めに横切り駐車場に向かっています。


ちょっと面倒ではありますが、少し興味深くなってきましたよ。

ハイゼット 大破! 

帰宅途中に事故です。

canvas999888998.jpg
ハイゼットが大破・・いや中破かな。

canvas9998889985541.gif
帰宅途中、真っ直ぐに進行中~ウインカーも点滅しないでいきなり右折車が!
あり得ない動きで、とてもじゃないけど間に合わなかったよ><

canvas51444141.jpg
事故直後iPhoneで撮影。

IMG_1278.jpg
事故直後iPhoneで撮影。

IMG_1282.jpg
相手の車


相手は自分の会社の駐車場に入ろうと右折したとのことで、
「申し訳ありません、考え事してて前を見てませんでした・・すみません、すみません・・」
ひたすら謝罪してましたが・・

若い男の子でした。

もう不愉快極まりないです!


先日買った三角表示板が早くも役に立つとは・・悲しい。

クワトロツーは行けないかも><


2012/02/02 更新

一夜明けダイハツに行って来ました。

IMG_1293.jpg
明るい所で見ると、あらためて酷いものですね。
概算だけど、修理すると40万くらいかかるらしいです・・。

月曜に保険屋さんから連絡きますが、
本日事故の相手と会って、今回の状況を文書にまとめ「念書」とし、サイン貰いました。
内容は事故当夜に本人の言質でもある「全く前方を見ておらず~考え事をしていたうんぬんやその状況」。
全面的に非を認めているのがまだ救いで、保険屋さんにもそう伝えたとのことだけど・・
果たしてどうなるやら(´・ω・`)

事故なんて面倒で嫌なもんですね><

PS
本日はHARAさんが慰めに来てくれましたよww
お返しに激旨コーヒーご馳走しました♪


検索フォーム

このブログ書いてる人

satoyanman

Author:satoyanman
新潟柏崎在住のさとやんです。

QRコード

QR

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。